Wireless Solutions
事業紹介
..
..

エフアールテックの移動通信用レピータは、最高の品質と競争力がある価格でお客様に供給できるよう
に、常に努力しています。

エフアールテックは、2000年代の第2世代移動通信用レピータから第3世代、第4世代LTEサービス用レピ
ータとTDD方式のTD-LTEサービス用レピータまで多くの製品開発と最適化されたシステムソリューショ
ンを確保しています。また、WiMax中継システムと地上波DMB中継システムに対する多数の製品を開発
し、Single Operator用の中継システムから複数の周波数帯域とプロバイダを収容することができる
Multi-Band、Multi-Operatorサービス用製品を保有しています。
エフアールテックは未来の技術、5Gサービスに関する研究も活発に準備しており、この結果から最高の
品質を持つ製品をお見せします。

弊社が開発したRF RepeaterとICS、DAS(Distributed Antenna System)システムは、低投資コストで屋
内と屋外で移動通信サービスのカバレッジを拡大し、最適のサービス品質を維持することができる競争
力があるソリューションです。

エフアールテックは価格競争力がある製品の開発と信頼性が高い製品を開発のために絶えず努力してい
ます。宅内の電波陰影地域解消のための小出力宅内型レピータから屋外Micro Cellの電波陰影地域解消の
ための高出力の大型レピータまで多数のLine-upを保有しており、様々なワイヤレス環境に最適化された
レピータを開発しています。また、デジタル信号処理のための豊な経験をもとに、DPD(Digital Pre-
distortion)システム、ICS(Interference Cancellation System)、CPRI(Common Public Radio
Interface)システムに対応する様々な製品を提供しています。

Applications

ネットワーク構成図

  • NETWORK APPLICATION(EXAMPLE1)
  • NETWORK APPLICATION(EXAMPLE2)
  • NETWORK APPLICATION(EXAMPLE3)
主要技術

CPRI interface 技術

CPRI(Common Public Radio Interface) 規格は、2003年に制定制定されており、主
要な基地局プロバイダ主導で基地局装置(DU:Digital Unit、RU:Radio Unit)間の信号連動イン
タフェース規格を標準化して公開したプロトコルである。現在CPRI version7.0が最新バージョン
であり、24Gbpsのline-rateについて定義されている。

DUとRUはCPRIインタフェースを介してUser Data、CPRI Control&Management Data、CPRI
Frame Synchronizationを取り交わす。CPRI標準は、DUとRUの間にUser Dataを配信してControl
Plane上の制御および管理情報を送受信するフレーム構造を定義し、各フレーム内のUser Dataが
載る位置とオーバーヘッドバイトの意味と位置を定義している。

User Dataは、Baseband Digital IQ Streamの形でCPRI Basic Frame内のIQ Data Blockに載って伝達
され、RUは、これを受けて、アナログに変換して増幅させた後、アンテナを介して端末に転送す
る。Control&Managementデータと同期情報は、CPRI Sub-channel(= Control Words)を介して
転送され、DUとRUだけが情報を利用する。

エフアールテックは、政府の課題と安定した開発を通じてCPRIのインタフェース技術を確保し、
CPRI Interfaceが可能な製品の開発を通じて、標準CPRIプロトコルに対する検証を完了した。

CFR/DPD 技術

最近、多くの移動通信事業者はMulti-bandを収容することができる製品に対する要求を続けて
おり、Multi-band受け入れは、システムの消費電力を増加させた。これは、システム開発と維
持に使用されているコストを上昇させ、移動体通信事業者やレピータ供給社に相当な負担とし
て作用している。したがってMulti-band中継システムの効率を改善することが非常に重要な問
題になっており、中継システムの効率改善で消費電力の削減とシステムのサイズを小型/軽量化
することができる。

システムの効率を改選させるのに最も重要な役割をする技術がCFR(Crest Factor Reduction)
とDPD(Digital Pre-Distortion)技術である。

CFRは、入力信号に対するDSP(Digital Signal Processing) 技術を適用し
て、多数の周波数成分を有する信号が合わされるときに発生するピークパワー(Peak Power)
成分を信号特性を損なうことなく減少させることができる技術である。
これは、要求される信号の精度とスペクトル規格を維持しながらも信号のPAPR(Peak to
Average Power Ratio)を減少させる効果があり、これにより、高出力増幅器のBack-off power
を低く持っていくことができ、Amplifierの終端TR(Transistor)の級數を下げて消費電力とコスト
を減らすことができる技術である。




DPDは、DSP(Digital Signal Processing) 技術を適用し高出力増幅器の直線性を
改善させる技術である。高出力増幅器の入力信号に対してDSP信号処理技術で増幅器の入力信
号に対して信号の逆関数を取ることにより非線形による信号の歪みを最小限に抑えすることで
高出力増幅器の線形特性を改善する技術である。

エフアールテックは、2000年半ばからCFR/ DPDの技術を確保し、
移動通信事業者に多くの製品を供給した。




APD 技術

APD(Analog Pre-Distortion) 技術は、従来DPD技術とは異なる方法で、高出力の電力
増幅器の線型性を改善する技術である。DPD技術は、Feed-back方式を適用した一方、APD技術
は、Feed-Forward方式を適用することで、既存Feed-Back方式に比べて高出力の電力増幅器の信
頼性をより確保した技術を適用し、加えて高出力の電力増幅器の線型性を改善する技術である。
既存の電力増幅器(LPA、HPA)に比べてかなり高効率特性を持ち、電力増幅器およびシステム
を小型軽量化することができる技術である。また、複数のバンドに対応することができるシステ
ムを開発可能になった。

APDの信号処理方法は、電力増幅器の入力信号と出力信号を監視し、電力増幅器を通った信号の
非線形特性分相当の信号に対して逆関数を取って原信号に加えて、電力増幅器の線型性を改善し
た技術である。APD技術は少ない開発コストで電力増幅器の線型性を向改選することができる技術である。

エフアールテックは、2000年中頃からAPDの技術を確保し、APD技術を適用した多くのシステム
を移動通信事業者に供給し、広帯域信号に対しても優れた性能を持っている製品を開発した。

ICS 技術

RFレピータの場合、Link AntennaとService Antenna間アイソレーションを確保問題のため屋外
で使用することができなかった。しかし、ICS(Interference Cancellation
System) 技術は、DSP(DigitalSignal Processing)技術を利用して、フィードバック発振信
号を検出した後に削除して、RFレピータで発生される発振の問題を解決する技術である。DSP
ブロックは、最終出力信号に対する位相を保存し、出力された信号の一部が再入力で入ってく
る場合、保存しておいた位相と同じ位相信号を除去する原理で発振信号を除去し、アイソレー
ションを確保する技術である。

ICSの技術は、無線環境の変化(車両、建物、風)による無線チャネルの時間的変化特性を正確
に追跡して適用することでIsolation変化にも安定的にRFレピータの性能を確保することができ
る技術である。したがってICSレピータは、環境の変化に起因する発振信号をリアルタイムで削
除することができ、高出力RFレピータを運用することができる。ICSレピータは、既存のRF中継
器とは異なる屋外環境に設置可能であり、ネットワーク網をcascade実現もできる。また、既存
の光レピータに比べて機器の価格や設置コストが安価で、メンテナンスも容易であるという長
所がある。

エフアールテックはICS技術を確保していて、国内だけでなく海外の移動通信事業者にICS製品
を供給し、認証を取得している。

  • CPRI interface 技術
  • CFR/DPD 技術
  • CFR/DPD 技術
  • APD 技術
  • ICS 技術